2012年8月28日 HyGrid研究会立設立のお知らせ


再生可能エネルギーと水素を活用した低炭素社会の実現に向けた研究会を発足

わが国における再生可能エネルギーの導入拡大の動き、海外、特に欧州での水素を利用した再生可能エネルギー導入利用をサポートするプロジェクトの進展を鑑み、川崎重工業株式会社、九州大学カーボンニュートラル国際研究所、株式会社テクノバ、トヨタ自動車株式会社、株式会社ローランド・ベルガーは、中長期的な観点で、再生可能エネルギー大量導入時代をみすえた水素によるエネルギー貯蔵システムやCO2フリー水素の導入など、従来のエネルギー供給系と水素利用を共益させたモデル「HyGrid」について検討を行う「HyGrid研究会」を発足しました。

本研究会は、HyGridモデルによる低炭素社会を2030年までに実現させることを目指し、地域単位で産学官等による検討体制を構築して、地域の実情に合わせた最適なエネルギー需給システム「HyGrid」について研究するとともに、地域経済を支える仕組みとしての可能性についても研究します。 なお、「HyGrid研究会」は、趣旨に賛同し、協働する企業、研究機関、公共団体等の参画を歓迎します。


最新情報
経済産業省 第6回水素・燃料電池戦略協議会ワーキンググループ(2014年4月23日)に、研究会の活動を報告させていただきました。




会長 川崎重工業株式会社 顧問 牧村 実
事務局 株式会社テクノバ
メンバー 岩谷産業
NTTコミュニケーションズ
劾TTファシリティーズ
川崎重工業
九州大学 カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所
潟eクノバ
潟Vステム技術研究所
トヨタ自動車
豊田通商
日産自動車
潟tレイン・エナジー
竃{田技術研究所
三井物産
潟香[ランド・ベルガー
(2014年3月31日現在)
ホームページ www.hygrid.jp
問合せ先 株式会社テクノバ
03−3508−2280(担当:丸田・渡邉)
 info[at]hygrid.jp


プレスリリースはこちら